中ちゃん家のお肉 


NAKAGAWA298のこだわり

相州和牛の肩肉は当店でしかお買いお求めできない究極の幻牛です。


相州牛の通販もご利用下さい。

相州和牛のご紹介肉の通販を購入する際の参考に

神奈川県南足柄産の相州牛を取り扱っております。相州牛は子牛から出荷するまで1つの牧場で同じ餌、環境で大切に育てておりますので味のばらつきがないのが特徴です。当店はなかでも月に2頭しか飼育されていないプレミアム和牛を販売しております。と言う事は一切れのお肉は月に4人しか食べられない希少な牛肉です。



2年連続!しかもW受賞しました。



幻の相州和牛部位のご紹介

高級牛肉

A5リブロース

和牛A5リブロース

A5のリブロースです。牛肉と言ったらこの部位ステーキ用です。


A5マクラ

和牛A5マクラ

肩ロースの下にあるA5ザブトン又はA5マクラと呼ばれる部位です。霜降りだけの脂はしつこくなくとても味が良いです。ステーキ、すき焼き、焼肉、しゃぶしゃぶとオールラウンドの部位になります。


A5ミスジ

和牛A5ミスジ

3本のスジがあるのでミスジです。肩甲骨にある部位ですが非常に柔らかく、味も良い人気の部位です。ステーキ、しゃぶしゃぶ、焼肉、すき焼きとどんな料理にも活躍できます。


A5上カタロース

和牛A5カタロース

カタロースのうす切りです。肩一枚から3キロ程しか取れません。当店ではマクラを外して加工する為、たて目の場所がなく見た目も綺麗です。


A5サンカクバラ

和牛A5サンカクバラ

A5サンカクバラです。マクラの続きですが厚みが薄いので焼肉に最適な材料です。こちらは一枚で2kg程しか取れません。


A5ロースカブリ

和牛A5ロースかぶり

A5のカタロースのカブリの部分の焼肉用です。一枚の肩肉から1kgも取れない希少部位です。


A5赤身肩サンカク

和牛A5赤身サンカク

肩肉のなかの唯一の赤身の部位、A5サンカクです。ももよりも水分が少ないので味がよくさっぱりした人気のある部位です。一枚から取れる量が少なく大変多くのファンがいますので滅多にお店にお出しできない希少部位です。


A5うちもも

和牛A5ウチモモ

ローストビーフ用として取り扱う唯一のもも肉です。本来ももは赤身ですがA5ランクともなると見事な霜降りが出てきます。


A5カタロースネック

和牛A5カタロース

カタロースネックのうす切りです。首よりの部位の為歯ごたえはしっかりしておりますが、味は濃く’肉を喰らう’の言葉がまさにぴったりの部位です。


A5トウガラシ

和牛A5ローストビーフ

当店自慢のA5トウガラシのローストビーフです。店頭で育てているローズマリーと塩を振ってから3時間寝かせてから焼き上げます。中心までしっかり味が染み込みますのでそのまま召し上がっても非常においしくいただけますが自家製和風ソースもおすすめですよ。


A5ブリスケ

和牛A5ブリスケ

肩バラです。良く動く筋肉なので噛み応えしっかり!焼肉用でもいけますが煮込み料理にぴったりです。


A5肩肉切り落とし

和牛A5切り落とし

A5の肩肉だけで作る切り落としです。値段は一番安いですが味は同じです!


相州和牛が幻の理由

なぜ?幻と言われるのか?

全国の酪農家を見ても数少ない一環性の飼育によって相州牛は作られております。

上記の図でお分かりいただますように子牛から出荷するまで大切に育てております。

そしてながさき牧場はアサヒビール神奈川工場の麓にあります。

ビールのおいしさは‘水’が決めてです。

そこでアサヒビールは南足柄のおいしい水を求めこの地に工場を作っております。

相州牛はここと同じ地下水を飲み、ビールの搾りかすを食べ育ちます。又、堆肥も販売しており近隣の農家の方々のお役にも立っております。詳しくはこちら



和牛A5すき焼きの盛り付け例
和牛A5すき焼きの調理例


和牛A5焼肉の調理例
和牛A5焼肉の盛り付け例


創業以来変わらぬ味・製法で作っております。現在、多くのお店の焼豚は煮てしまっているので当然柔らかいですが焼豚ではありません。ラーメン屋さんのチャーシューと同じです。しかし、当店自慢の釜焼き、焼豚は秘伝のタレに2日間漬け、3時間掛けて特製釜で焼き上げており、昔ながらの周りが赤く、ほんのり甘いのが特徴です。

NAKAGAWA298の自家製焼豚
NAKAGAWA298の自家製焼豚
NAKAGAWA298の自家製焼豚